contact
facebook
twitter
instagram

G.F.G.S. Made in Kamo, Niigata. Pure Organic Cotton 100%

新潟日報掲載 NEWS EYE

niigata.JPG

10月13日 新潟日報 ニュースアイのコーナー

1面で大きく掲載していただきありがとうございました。

「震災後 支持集める県内メーカー」という事で

記者の中山さんとは2ヶ月ほど前から取材がはじまってました。

工場まで足を運んでいただき何度も電話でやりとりさせていただきました。

またG.F.G.S.の初めての展示会を新潟市上古町のヒッコリー03トラベラーズさんで

2週間にわたって長く開催させていただいた際の

会期中の写真を大きく載せていただけた事はとても嬉しかったなー

中山さんが丁寧に書かれた文章の影響は今も続いています・・・

県内外からWEBを見てご注文して下さるお客様に対して

現状ではインターネットでのご注文に対して

積極的なページ構成になっておりません

インターネット販売は来年の課題である為

G.F.G.S.は春から新しい形でのネットでの販売もご提供したいです。




Noism1 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』

Noism1 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』

Noismは9年目のシーズンに入るんですね!

新潟にノイズムというダンスカンパニーがあり

そのファンになるまで数年掛かりました・・・・

今となっては「もっと早くに観ときゃ良かった・・・」とかありますが

大好きになったタイミングは今くらいだったんだなーとも思うんです。

最近のノイズムは分かりやすくなってきていると言われているようです。

それは良い意味でも悪い意味でもなんでしょうが

僕は分かりやすい事のほうが、実は難しくてカッコイイと思っています。

芸術監督である金森譲さん、井関さんがTVやラジオに出演されたり

いろんな方と対談されたり(僕も含まれていましたが・・・)

ノイズムのメンバーの個々人の活動やイベント参加は

あらゆる人にノイズムを知ってもらおう、

積極的にコミュニケーションを取るよノイズムはという事だと思います。

僕はその信号をキャッチしました! 届いていると思います! 僕は届きました。

添付ファイルに著名人のコメントが寄せられてます・・・・素敵であり無残です・・・

公演を観れば言葉が必要なくなります・・・・アートって説明するもんじゃないから。

凱旋公演です、新潟の人達が見てなくてどうするんですか?

ノイズムは信号を送り続けています・・・3日が楽しみだー

Noism1 NamelessVoice Review flier ura.pdf

Noism1 NamelessVoice Review flier omote.pdf




月刊 にいがた 10月号 新潟ブランド大図鑑

新潟ブランド大図鑑 No.15 でご紹介していただきました。

gekkan-niigata10.jpg

素晴らしい企業やメーカーさんが毎回登場する中で
立ち上げ当初から編集部の方々には
お世話になっている、応援していただいている気がします。
G.F.G.S.は県内で支持されたいという思いで
スタートしていたので嬉しいです!
これからも素敵なモノをつくりしていきます。

niigata.1.jpg

PS,
パスマガジンのジンロック特集でも写真が載ってました。
ありがとうございます!




G.F.G.S.展、1日延長です。

来場していただいた皆さん
購入してくださった皆さん
予約待ちしてくださっている方々

ありがとうございました!

G.F.G.S.をはじめて知ったという方
WEBを見てくれたりお店に足を運んで下さると
嬉しいです。

また、いつか、やっちゃおうかなー展示会・・・

2012.10.09  小柳

2週間以上の会期をいただいたG.F.G.S.展
ありがたいことに8日の祝日まで1日延長します。

週末にしかお客様と接してお話する事が出来ませんが
自分の予想を超えて多勢の方にきていただいてます。

僕が望んでいた、いろいろなジャンルの方や
さまざまな世代の方と話が出来て、素晴らしい出会いも多くありました。

後半の会期は予約販売が中心になりましたが

また、もう一度行ってみようかなーという方、大歓迎です!!

そして、まだ最終週に行きますよという方、お待ちしてます!!

goananai2012.9.16.jpg





hickory03travelers 2F, G.F.G.S.展
G.F.G.S.の製品は主に新潟県は加茂市を中心に
家族経営の縫製工場・地元の編み立て工場、整理工場さんで作られています。
小さな小さな工場で協力しあいながら作られた製品が
今回、ヒッコリー03トラベラーズさんで展示される機会をいただき
すごく、すごく、感謝しています。
アイテムは日ごと変わっていきますし
ご予約していただかなくてはならない製品もあります。

最初で最後の県内での展示会になると思ってます。

週末の金・土・日は僕も会場に居たいと思います。

沢山の方々とお話出来れば嬉しいです、是非遊びに来て下さい。

日時 9月22(土)--10月7日(日)
   平日11:00~18:30
   土日11:00~19:30
   ※月曜日は定休日です。

会場 hickory03travelers 2階
〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通3番町556

お問い合わせ 
hickory03travelers  025.228.5739

展示会.jpgのサムネール画像




ECHIGORIAN ~トキめき新潟人

ECHIGORIAN ~トキめき新潟人~

2012/07/30 MON.~FRI. 06:30~06:50

毎日この放送時間というのは朝の早い時間帯ということもあり
通勤や通学の時間帯で聞きましたよとか
家事をしている合間に聞きますとか、いろいろな反応があって嬉しかったです。

この日は少し予定が立て込んでいた収録日でもあったので
すごくパーソナリティーの南雲さん(お優しい方なんですよ!!)に
助けられながらの何とか1週間分を録り終えさせていただきました。

「全ての基本は熱中である。そしてその熱中は純真な心から生まれる。」
ECHIGORIAN ~トキめき新潟人~ のメッセージにもなっている
アメリカの詩人エマーソンの言葉。

大好きなジム・キャロルの「マンハッタン少年日記」の一節
「あぁー 純粋になりたい・・・」を思い出しながら
ECHIGORIANにならなきゃ!と思いました。




G.F.G.S. 定番コットンTシャツ

7月に入り暑さはこれからというこの時期
街角のセール商戦は最終セールという感じで賑わっていますが
G.F.G.S.の新作が出来上がりました。このタイミングでTシャツの発売となります。
40番という細い糸はTシャツを制作する上で
自分が考える風合いでの定番の糸の太さと考えていました。
「オーガニックコットンではないんですね?」という方もいらっしゃるかもしれません。
オーガニックコットン100%のTシャツも作ります。
 
丁寧な縫製と適正価格を目標に制作しましたが
細部の縫製のこだわりとコットン100%の原糸にこだわった結果
価格は僕が当初思っていたものより少し高くなってしまいました・・・
それでも良いものが出来上がったという自負はあります。
 
これから暑い日々が続きます、夏本番です!
G.F.G.S.のコットンTシャツを着てくれたなら嬉しいですね。

G.F.G.S. スタンダード・コットンTシャツ ユニセックス

S・M・L 半袖、6500円 五分袖 7000円
カラー : ブラック・杢グレー・ホワイト 40/2 コーマ天竺(綿100%)

カラー、サイズにより品切れになっております。
ご予約・お問い合わせ organic-t@gfgs.net

t_1.jpg

※コーマ
ゴミや短い繊維を取り除いて毛羽立ちをなくした、
長い繊維のみを揃えた高級綿糸

※40/2天竺
通称ヨンマルソウシ(40双糸)といい、
肌触りにこだわり
40番という細い糸2本を撚って
1本にしたものを編んだ天竺生地
 
 
 

G.F.G.S. スタンダード・コットンTシャツ レディース

S・M・L 半袖、6500円 五分袖、7000円
カラー : ブラック、ネイビー、グレー、オフホワイト 40/-フライス生地(綿100%)

カラー、サイズにより品切れになっております。
ご予約・お問い合わせ organic-t@gfgs.net

 
t_2.jpg

※フライス編み
伸縮性がある編み方で緩すぎずタイト過ぎない
G.F.G.S.の提案するレディースパターンと肌触り重視の編み方
 




G.F.G.S.× Koro
_CL_0840.jpg

Koroさんとの出会いはG.F.G.Sを.はじめた同時期くらいではないでしょうか。

エフスタイルさんでの展示会で点字封筒を見た時、
そのデザインと発想に「これはカッコいい!!」と即座に購入しました。
障害者の方が制作されている事や、koroさんの活動もまだ僕自身
あまり良く理解していない頃の出会いです・・・・
 
お互いの親交を深め、何か形にしようと始めた試みは
完成までに、こつこつ、こつこつと、6ヶ月以上の時間を要しました。
 
点字ギフト袋は大きさが2サイスあります。
子供用靴下、大人用靴下、各1足ずつ入る調度良い大きさです。
もちろん点字袋としての使い方は自由です。
 
大、300円  小、280円

-------------------------------------------------------------------------------------

*点字ギフト袋制作事業所の紹介*
 
ろう重複障害者施設あさひ共同作業所(新潟市東区小金町1-7-15)

photo_2.jpg

photo_1.jpg

 

あさひ共同作業所では、主に聴覚の障がいに併せ身体など他の障がいもある方々が働いており、
資源回収やアルミ缶潰しの仕事をしたり、
編み物などの手工芸品を制作し販売をしたりすることで収益をあげています。
手工芸品などの自主製品の中には表紙がユニークな
「Fax用紙冊子」があり聴覚障がいがある方々に人気のある商品だそうです。
職員さんと利用者さんの会話は「手話」で行われ、
休憩や作業終了の合図などは「電気を消す」ことで知らせたりと作業所のなかでは様々な工夫がみられます。
作業所には、静かながら活気があり、熱心に作業に取り組む集中した気が流れています。
そんなあさひ共同作業所さんの仕事のひとつに「封筒制作」があり、
資源回収で回収している点字の古紙を使用した封筒制作を行っています。
一枚一枚、型をあて、線を引き、線通りにはさみでカットをし、折り目をつけ、糊付けをする。
利用者さんがどうしてもできない部分は職員さんがお手伝いに入りますが、
その他は基本利用者さんの仕事となります。
その一見なんて事のない作業の中に、多くのストーリーを含んでいます。
福祉施設での仕事において、一般的な作業工程をより細かく分解し、
作業を行う利用者さんの特性に合わせて再度構築し直すことが多々あります。
その、「分解」「構築」のプロがあさひ共同作業所さんにいるのです。
目の前にいる利用者さんととことん向き合い、ささいな工程も拾い上げ、仕事のやりがいに繋げて行く。
利用者さんと職員さんがお互いの力をあわせて、
各々が各々の役割を果たすことで質のよい製品を作っています。
あさひ共同作業所さんで作られる封筒には、
その真剣で丁寧な仕事ぶりが「封筒」というかたちに詰め込まれています。
点字の役割を終えた紙は今度は封筒となり、
いつか誰かの手元に届きそれが循環して多くのひとの発見と喜びにつながっていくのです。
 
 
<あらたなギフト袋のかたち>

「やったことのないかたちをつくる」という作業は施設さんにとって、
とても大変でやっかいなことです。
何故なら仕事の内容を利用者さんに伝えるということが、
仕上がりのかたちを見せるだけでは完結しないからです。
職員さんは作業工程を細かく「分解」し、各々が理解し易いように「構築」し、
気持ちよく仕事ができるよう場をつくり、それに対し、
利用者さんは集中し仕事を行うことで、生産性を高めていく。
その状況がうまく回るまで結構な時間を要します。
一見作業は似ているようにみえても、
少しの形状がかわると、それは全く違うものになります。
今回制作したギフト袋は、
「まずやってみますが、利用者さんの仕事にならなければお断りします」
と受けてくれた職員さんの心意気に始まり、
それに対してどうしたら利用者さんがやり易い工程になるかを、
koroも一緒に考えてみました。
靴下の厚みに合わせて封筒作りと同じ要領でマチを作り、
紙の厚みによる貼り合わせの困難な箇所は誰でもできるようにホチキスを使用しました。
10パターン以上ものサンプルを作ってもらい、
サンプル制作段階から利用者さんにも取り組んでいただきました。
この素晴らしく丁寧な仕事と、G.F.G.Sさんのこだわりの仕事が重なるとき、
新たな世界が広がるんじゃないかと心が躍っています。
 
 
koro中嶋、小林



Noism対談企画 柳都会 第4回 小柳雄一郎×金森穣
ryuto.jpg

Noism対談企画 柳都会 第4回 小柳雄一郎×金森穣

 
対談するとは夢にも思っていませんでした・・・
 
カミさんは、バレエ、コンテンポラリーダンスのスゴイファンで
彼女が仕事で使うメインのミシンの前にはいつも
ピナ・バウシュがタバコを手にヨージ・ヤマモトの服を身にまとっている雑誌と
ノイズムの井関佐和子さんが表紙のパンフが貼ってありました・・・
まだ、G.F.G.S.を始める前の前です・・・
「かっこいいねー」「素敵だねー」と言っていたのが昨日のようです。
対談を見に来てくださる方々よりも
一番楽しみにしているのも自分かなーと思っています。
 
余計な事まで喋ってしまう性格なので家族は心配しています(笑)
ありのままの過去・現在・未来をお話出来たらと思います。

Noism対談企画 柳都会 第4回の詳細、申込方法、お問い合わせはこちら (pdfが別ウインドウで開きます)

 




School Music Revivalこどもの音楽再生基金 募金額のご報告
SMR_CollectionBox.jpg

作り手・売り手・お客様・全てが、

震災復興に少しでも継続的に協力出来るならと思い、
3月24日から発売しましたオーガニックソックス。
 
G.F.G.S. × Shirakura Knit
 
5月28日までで把握しております23250円を
寄付させていただきました。
これからも継続的にご報告させていただきます。
 
kifu.JPG

御名前の公表に賛同・許可をいただけた
会社・団体・個人(順不同)
 
篠原通子様、中村理子様、入江香代子様、大久保澄美子様
山嵜知洋様、真柄あゆみ、久保悦子様、片貝様
MINEMINE様、スズキサト様、吉田愛様、G.F.G.S.他多数
(順不同)
 
 
長岡市のフルラボさんでも販売されてます。
加茂市の瀧澤酒店さんでも一部置かれております。
取扱店は随時募集しておりますし、
G.F.G.S.へ直接のお問い合わせもお待ちしております。




21 / 22« 先頭...10...1819202122