ABOUT

G.F.G.S.
Good Feel, Good Style.
G.F.G.S.は"Good Feel, Good Style."の頭文字からとりました。
新しいアイデア、厳選した素材、積み重ねた技法の全てをボーダーカットソーに落とし込み、誠意ある物作りを続けて参ります。

G.F.G.S. = Good Feel, Good Style.
心が動くことを、私たちらしいやり方で。



日本でボーダーカットソーといえばG.F.G.S.と呼ばれたい

日本のボーダーといえばファストファッションメーカーが真っ先に浮かぶのではないでしょうか
1年しかもたないボーダーではなく長く着ていただける品質と
ご自身で色や型を選べるオーダーボーダーは他にないと自負しています。
使用している糸はピュアオーガニックコットン100%です。
安全で確かな原材料、生産者や地球環境を守る意味でもこの糸を使い続けたいと思います。


既存のアパレルメーカーの流通や製造工程のシステムを変えたい

受注生産で1着1着生地から作っているので、G.F.G.S.には在庫がありません。
大量生産・大量消費の時代からエシカルでサステナブルな社会へとファッションも移行しています。
僕達はシステムを変えるという宿命を持ってスタートしてます。


地元で作りたい、疲弊している地場、商店街で作りたい、メイドイン加茂にこだわりたい

シャッター通り、空き店舗が問題になっている商店街
かつて商店街に駄菓子屋さんや豆腐屋さんや畳屋さんがあったように
小さなファクトリーや工房が商店街に点在しても良いのではないでしょうか?
僕は小学生や中学生が素敵なファクトリーが加茂にはあると胸を張って言える
そんな製品を商店街・加茂市から生み出したいと考えてます。


G.F.G.S.はカルチャーを作りたいと考えてます

作っている服のアイテムはボーダーばかりですが
クリエイティブの思考は多岐に渡ってます。
マガジンの発刊、現代音楽レーベル、クリエイターとのコラボアイテム
ボーダーはメディアです。そして製造スタッフはロックバンドメンバーなのです。



VISION

日本のボーダーカットソーといえばG.F.G.S.と呼ばれたい。

巷に溢れるボーダーで好きなメーカーは海外のものばかりでした
日本のメーカーですぐに思い浮かぶメーカーが無く
あってもファストファッションメーカーばかりで
価格は安いメリットはあっても品質には疑問を感じずにはいられませんでした。

地元で作りたい、疲弊している地場、商店街で作りたい、メイドイン加茂

実家は1964年から父親が縫製業を営んでました。

真面目にもの作りしていましたが、その製品が何処に届き、どんな人が着てくれるのかは
また二の次でして。作れば売れるという時代を過ぎ、


社名、G.F.G.S.は"Good Feel, Good Style."の頭文字からとりました。

僕はロックやパンクミュージックから大きな影響を受けて十代を過ごし今に至ります。
社名もニューヨークのライブハウス”CBGB"から影響され4文字にしたかっただけです。

20代、30代をサラリーマンで過ごしました。

とても良くしてくれた会社ではありましたが
毎日同じものを作り続ける毎日で、
何かが面白くない、面白くなければ作ればよい、既存の仕組みを壊したいなど
僕のアイデンティティは創造と破壊という事になるかもしれません。
ORDER BORDER
オーダーボーダー
G.F.G.S.が「商店街生産」と言えるほどの距離感で、自社工場、近隣の職人さんと協業してつくる「完全受注生産」のオリジナルカットソーが、ORDER BORDER(オーダーボーダー)です。
ご注文いただいてから自社工場で、一着一着生地の編み立てを始めます。

編み立て、裁断、縫製と、お客様のお名前が入ったオーダーシートが各工程を進んでいく中で、手にとって下さる方へ想いを馳せ、心をこめて一着一着お作りをしています。
古くからニット産業が盛んな新潟県加茂市にて。職人さんの確かな技術と、商店街生産ゆえの丁寧できめ細かいもの作りで、長く愛される製品づくりを心がけています。

page top